青汁がそのままがダメなら、お料理に使っちゃえ!!

三十代半ばの主婦、三人娘の母です。
家族には、健康維持のため、野菜をたくさん使った料理を作っていますが、なんせ子供は不味ければ食べないもので、毎日頭を悩ませています。
特に次女は野菜が嫌いで、お肉とジャガイモぐらいしか進んで食べません。
そこで、ある日なぜか「青汁」を思い出しました。
わたしが小さいころから流行りだした健康食品の「青汁」。
テレビでは、強面の俳優さんが「う~ん、不味い!もう一杯!」とコマーシャルをしてたのを今でも覚えています。

健康志向の祖母が、「あんたも、あの俳優さんみたいに、青汁飲んで健康にならないと!」と青汁を毎日飲ませようとするのですが、小さなお猪口に一杯でも、なかなか飲み干せず、最後の一口は吐きそうになりながら飲み干していた覚えがあります。
今は技術が進み栄養価はそのままで、かなり飲みやすくなった青汁が多い印象ですね。
はちみつが入っていたり、牛乳で割って飲む物、原材料の違いでお子さんでも飲めたり出来る物も多いです。

それぞれ非常に優れた栄養価を持ち、食物繊維も豊富です。
飲みやすさを重視するのなら大麦若葉がおすすめ。大麦若葉は抹茶ととても似た味で青汁初心者の方でも美味しく飲めます。
参考:青汁ランキング

青汁に含まれるケールやゴーヤは栄養価がとても高いのです。
しかし飲みやすい物を子供に飲ませれば良いのですが、飽きがきてしまってなかなか飲んでくれなかったりします。
そんな時私はお料理に青汁を入れてしまいます。
青汁を使ったパンケーキや、お好み焼きは簡単なので是非試して見てください。
ジャムやソースの味で青汁臭さが消され、野菜嫌いな子もパクパク食べてくれます。
また卵焼きや茶碗蒸し、スイーツもなかなかいけます!シフォンケーキやプリンも美味しくいただけますよ!
ただ火を通すので、栄養価的には少し下がるかもしれませんが・・・。
やはり子供も含め自分たちも健康は意識していきたいので栄養面も気にして行きたいですよね。

私はビールを控えて炭酸水を飲むようにしたりと健康を意識し始めたのですが、最近会社帰りのウォーキングを始めて見ました。
ウォーキングといっても会社帰りスーツのまま靴のみ替えているのでスポーツより散歩に近いんじゃないかと思います。
きっかけは会社に電車の定期券を忘れてしまったことです。
会社から駅までは同僚に車で送ってもらったので会社まで歩いて戻るか、歩いて家まで帰るかという選択からでした。

ちょっと電車代をケチってそのまま歩いて家まで帰ってみたところ、1日の仕事のふりかえりや普段聞かないネットラジオをゆっくり聞くことができ、とても充実した時間を過ごせました。
自分の住んでいる町も歩いてみないとわからないことがたくさんあり、公園や花壇そして街路樹などを眺めながらブラブラ歩いているだけで会社でのストレスがかなり解消されたように感じました。
ただ子供が学校から17時には帰って来てしまうので、部活動とお稽古がある時だけですが。週に2回は歩いて帰っています。
ダイエットも兼ねて始めたら体重も減り始めました。健康のためには欠かせない時間になっていますよ。